インフルエンザ患者、一週間で倍増 - 社会の窓

  ランキング参加中    訪問送信





インフルエンザ患者、一週間で倍増

 国立感染症研究所によると、インフルエンザの患者数が急増しているとのことだ。

 統計では、12月25日までの一週間に全国の医療機関を受診したインフルエンザ患者は推計でおよそ51万人で、その前の週の28万人と比べてほぼ倍増していることが分かる。

 年齢別に見ると、最も多いのは10〜14歳の約8万人で、その次に5〜9歳が約7万人など。都道府県別では、一医療機関あたりの患者数を比較すると、最も多い県から順に、富山県、群馬県、秋田県、埼玉県などとなっているそうだ。

 マスクの着用や手洗いなど、予防に気を配る必要がある。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

パソコン工房ゲームパソコン新C-Class
オンワード マルシェ


Copyright © 社会の窓 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート