14歳 藤井聡太四段、羽生三冠に勝利 - 社会の窓


  ランキング参加中    あしあと


14歳 藤井聡太四段、羽生三冠に勝利

 日本将棋連盟の公式サイト(https://www.shogi.or.jp/)掲載の「将棋チャンネル(AbemaTV)」に、史上最年少14歳2ヶ月でプロ棋士となった藤井聡太(四段)の動画がある。

 「藤井聡太四段 炎の七番勝負」と名づけられたその対局で、なんと6勝1敗という好成績、しかも最終対局の相手である羽生三冠をも打ち負かした。
 この七番勝負は公式戦ではないのだが、弱冠14歳で百戦錬磨の棋士たちをことごとく破るとはタダモノではない。

藤井聡太四段-炎の七番勝負.jpg

 実はこの藤井聡太四段、すでにプロデビューから公式戦12連勝の新記録を達成しており、羽生三冠も「すごいことをやってのけた」と脱帽するほどの実力者。

 まだまだ伸びしろのあるこの若者、今後の活躍が楽しみだ。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Copyright © 社会の窓 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート