日本人砂像アーティスト、台湾の世界大会で優勝 - 社会の窓


  ランキング参加中    あしあと


日本人砂像アーティスト、台湾の世界大会で優勝

 5月6日に台湾の福隆で行なわれた砂像の世界大会「福隆国際砂彫刻芸術季2017」で、日本人アーティストの保坂俊彦さんが優勝したとのことだ。

 保坂俊彦さんは、東京芸術大学卒業の砂像アーティストで、今年で活動歴20年を迎える。日本では2人だけというプロの砂像アーティストだ。

 大会テーマの「ヒーロー」に対して、選んだ題材は「宮本武蔵」。畳に正座する武蔵の鬼気迫る雰囲気が伝わる作品だ。特に、着物の質感は砂とは思えないほどで、他にも武蔵の表情、力強い印象的な瞳、細部まで手の抜かれていない刀や畳の目など、まさに芸術。一見の価値ありだ。

 大会は7月9日まで開かれているので、台湾へ旅行する際には是非拝見したいものだ。
宮本武蔵の砂像.jpg
(写真:ねとらぼより)

イベントカテゴリの最新記事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Copyright © 社会の窓 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート